M-1グランプリ2019を見る前にプライムビデオで復習しよう

本の宅配買取をわざわざ書店員がおすすめする理由

本の宅配買取をわざわざ書店員がおすすめする理由

私、カジテレママ、書店で働いています。

前回、「本の買取のポイントを買取担当者が教えます」でお話ししたように、本を売りたいお客様が持ち込まれた本の買取査定も担当しています。

[st-card id=1877 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

そんな私が、本来ならおすすめしてはいけないんですが、

「本はお店に売るより、宅配買取をした方がいい」

という理由を今回はお話ししたいと思います。

 

目次

こんな方は宅配買取を

大量の段ボール

書店で働いて買取の担当もやっているくせにこんなことを言ってはいけないのですが、こういう方は書店に本を売るより、宅配買取を活用されるといいと思います。

  • お時間がない方
  • そもそも車でお店まで運ぶことができない方
  • お店と自宅を何往復もしないといけないくらい大量に処分したい本がある方

そして、あともうひとつ加えるなら、

  • なるべく高く売りたい方

ここだけの話、人件費がかからない分、店舗での買取より宅配買取の方が高く査定できるんです。

 

本の宅配買取をやっているお店はどんなお店があるの

宅配買取の箱

 

 

店舗での本の買取に向いているのは

こうやって見ていると、本の宅配買取の方が、店舗での買取より査定額が高いです。

じゃあ、店舗買取の方がいいよと思うのが全くないかというとそうでもない。

[st-mybox title=””店舗買取をおすすめするのは=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 冊数は5冊以内くらい
  • 読み終わったらすぐ売る
[/st-mybox]

レジに立っていると、このお客さんは本を売りにいらしたなってわかるんです。

大きな紙袋を持ってたり、カートに段ボール箱を載せてたり…

でも、上のように数冊しか持ってこられないお客様だと、いきなりレジに来て、さくっとバッグから本を出して買取を申し込まれます。

だから、見た感じだけでは本を売りに来られたかどうかなんてわからないんですよ。

そういう方って、好きな作家さんの新作を買いにきたついでに本を売りに来たって感じで、さらっと売りに来られるから、あんまり疲れないと思います。

それにだいたい、そういうお客様って、本を売ってお金をもらったら、そのお金で本を買われます。

店舗での買取だと、売ったらその場で金額が支払われるので、そういうサイクルができるんですよね。

箱に詰めて気合いを入れて本を売る準備って結構大変ですよね。

でも、こんな風にさらっと売りに来られるなら、宅配買取より店舗での買取をオススメします。

 

本の宅配買取をオススメするもうひとつの理由

車のトランク画像

先ほど話した宅配買取をおススメしたい方、

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • お時間がない方
  • そもそも車でお店まで運ぶことができない方
  • お店と自宅を何往復もしないといけないくらい大量に処分したい本がある方
[/st-mybox]

この条件とは、また別の意味で宅配買取をオススメしたくなったことが最近あったんです。

本を売りにいらしたのは80歳を超えたおじいちゃん

本の買取にいらっしゃったのは、結構お年を召された男性。

両耳に補聴器をされてました。

「終活をしなきゃいけないから、別にお金はどうでもいいので引き取ってほしい。」

とおっしゃる。

車に大量の本を直接詰めてこられたので、台車に乗せて運びました。

ぱっと見たところ、買い取れない種類の本が多かったので、持ち込まれた量は多かったものの、査定に時間はかからなさそう。

「でも、いったん帰ってまた来ます。」

とおじいちゃん。

[st-kaiwa1]きっと、あれだけ本を運んだから疲れたんだな[/st-kaiwa1]

車にいっぱい詰め込むだけでも大変ですもんね。

ところが…

夕方、来店されると言っていたおじいちゃん。

1時間後に来店されました。

しかも、また車にいっぱいの本を積んで。

そして、また査定の間は帰るとおっしゃる。

買取に来られた日のうちにお金をお支払いしなくてはいけない決まりんいなっているので、店内で待ってもらうようお話ししましたが、結局帰られました。

次は3、4時間後に来店してくださったんですが、またまた本を車に積んでこられました。

家が近いとおっしゃってましたが、3往復。

おうちに奥様とかお子さんとか本を運ぶ人がほかにいたのかもしれませんが、3回車に本を詰め込むってまちゃまちゃ大変ですよね。

それでもって、運転も。

承諾書で年齢確認もしましたが、おじいちゃん86歳でした。

本の宅配買取、高齢の方にこそおススメしたい

ちょうどその頃って、高齢者の運転による交通事故が連日あり、免許の返納の話題や、免許の更新時の認知機能検査の話題が盛んにおこなわれていた時期でした。

無事に帰られたので良かったんですが、すごく心配になってしまって。

そういう方こそ、無理して持ち込まれずに、宅配買取を活用してもらいたいなと強く感じました。

だから、この記事を読まれた方は、周りの高齢の方に「こんな方法で本を片付けることができるよ」と教えてあげてほしいんです。

「本を売るって宅配でできるんだよ。」って話をしたり、「ネットの手続きを手伝ってあげるよ。」と一声かけることで、かたくなに処分しようとしなかったお年寄りの方の考えも変わるかもしれません。

本当、自分の母を見てて思いましたが、お年寄りってかたくななんですよ。

実際は、片付けたいなと思っても、身体が昔のように思い通りに動かないので、そのジレンマが嫌で意固地になってしまってる面もあるような気がします。

頭ごなしに、「そんな必要ない。」とか、「まだ体は動くから、自分でやるからいい!!」と言われるかもしれませんが。(うちはこんな感じでした。)

さりげなく伝えることで、「そんなに便利なら、処分してみようかな」とか、「ちゃんと楽な方法を考えてくれたんだな。じゃあ、片付けやってみようかな。」と思ってもらえるように、さらっと忘れたころに何度も提案してみてください。

本の宅配買取を行っているのは

宅配買取画像

[st-midasibox title=”本の買取を行っているサイト” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”] [/st-midasibox]

 

本の宅配買取を行っているのは、ざっとあげただけでもこんなにあります。

店舗によって、買取に力を入れている分野があったり、査定額の支払いの仕方が違っていたり、特徴はさまざま。

〇冊送ってくれれば送料無料とか、宅配業者さんが指定した日に集荷に来てくれるとか…。

ぜひ、チェックしてご自分やご家族が売りたい本を、少しでも高く買ってくれるところで買い取ってもらってください。

 

楽天ルームやってます。

 

楽天ルーム

 

ブログ村やってます。他にもおもしろいブログがたくさん。


 
ブログランキングにも参加しています。

目次