スカッとヘルシーな炭酸水メーカー「ソーダストリーム」

書店員が楽天マガジンとdマガジンを比べました~書店に行けないパパ・ママにおすすめの雑誌読み放題サービス~

DIYパパのアイコン画像DIYパパ

雑誌読み放題サービスのdマガジンと楽天マガジン。
どちらを利用しようか迷っている方にどちらも利用していたカジテレママが比較してみました

カジテレママのアイコン画像カジテレママ

すぐ読みたい私はdマガジンがおすすめ!!

目次

雑誌の読み放題ができる2大サービス「dマガジン」「楽天マガジン」

サブスクリプションの中でも比較的始めやすいのが雑誌読み放題サービスです。

特に、NTTドコモが運営する「dマガジン」と楽天市場が運営する「楽天マガジン」は安価なのにともに450誌以上の雑誌を読むことができるので、とても人気があるんですよ。

金額を気にせずに様々なジャンルの雑誌を読むことができるので、普段店頭で読まないような雑誌も気軽に読むことができます。

カジテレママのアイコン画像カジテレママ

雑誌読み放題サービスは書店でゆっくり本を選べないパパやママにもおすすめ

DIYパパのアイコン画像DIYパパ

寝かしつけた後、ベッドで雑誌タイムなんていかが?

書店だけでなくて、服も家電もゆっくり買えないような小さいお子さんがいらっしゃるパパやママも、雑誌で好きなコーデや欲しい商品を見つけておけば、ネットで買ったり、店舗で短時間でお買い物を済ませる手助けになると思いますよ。

また、新型コロナの影響で書店に行くのも、図書館に行くのも少し気後れしてしまっている方にもおすすめしたい雑誌読み放題サービス。

今回は、どちらの雑誌読み放題も利用したことのある書店員の私が独断と偏見もコミで人気の高いdマガジンと楽天マガジンを比較してみました。

どんな風に自分に合ったサービスを選ぶの参考にしていただけたらと思います。

\個人的におすすめなのは使い勝手がいいdマガジン/

\楽天ポイントで支払えるから楽天ユーザーにおすすめ/

楽天マガジンの内容

まずは2つの雑誌読み放題サービスの大まかな特徴を見てみましょう。

最初に、楽天マガジンの内容をご紹介します。

  • 月額380円(年額プランなら3,600円)
  • 読める雑誌は500誌以上
  • 31日間無料お試しできる
  • 楽天ポイントが使える
  • 楽天ポイントがたまる
  • 1つのアカウントでアプリ5台・ブラウザ1台の6台のデバイスで読める
  • 記事から探せる機能がある
  • ダウンロードしておいて外出先で読むことができる

料金の支払いに年額プランがあるのが特徴の楽天マガジン。

さらにその料金を楽天ポイントで支払えるんです。

楽天市場のでお買い物するとポイントがもらえますが、その中の期間限定ポイントを使い忘れてしまう方って結構いらっしゃると思います。

あらかじめ楽天マガジンの支払いをポイント払いに設定しておけば、期間限定ポイントから使ってくれるのでポイントを使い忘れる心配がありませんよ。

\楽天ポイントを貯めたい人は楽天カード/

デメリットは一つだけ。

楽天マガジンだけのお得な年額プランなんですが、その代わり、年の途中で解約しても料金が戻ってこないんです。

だから、お試ししてみて「これなら一年間続けられるな。」と思った方だけが年額プランを選んでくださいね。

カジテレちゃんのアイコン画像カジテレちゃん

もちろん日割りされない分、途中で解約しても一年間は利用できるよ

あとはデメリットと言うわけではありませんが、後述するdマガジンの方が個人的に使い勝手の面で優っていると思います。

ただ、両者を使って比べてみないとそのちょっとした不便さは感じないと思います。

楽天市場でお買い物をされていて楽天ポイントを貯めている方なら、楽天マガジンがおすすめです。

楽天マガジンの詳しい特徴はこちらの記事に書いてあります。

楽天マガジンのホーム画面の表示順

ホーム画面の並び方はこんな順番です。

dマガジンもそうですが、雑誌読み放題サービスは女性の方が利用率が高いようで、女性誌の方が男性誌より前に来ていてすぐ探せるようになっています。

最新号
トレンド記事
人気雑誌
女性ファッション
女性ライフスタイル
ヘア・ビューティー
男性ファッション
男性ライフスタイル
IT・ガジェット
ビジネス・経済・国際
ニュース・週刊誌
芸能・エンタメ
趣味
スポーツ・アウトドア
車・バイク
健康・生活・料理
グルメ・トラベル
国内旅行ガイド【ムック】
海外旅行ガイド【ムック】
Foreign Magazine

最新号→トレンド記事→人気雑誌という並びなので、リアルタイムな内容を把握したい方にはピッタリ。

ただし、「Foreign Magazine」までスクロールすると、「最新号」に続いていないので、「女性ファッション誌」を探そうと思ったら、今度は上に戻らないといけません。

なので、読みたい雑誌が決まっている場合は、スクロールして探すより、お気に入りに登録しておいて、マイページから直接見るのがおすすめです。

\雑誌読み放題サービスはタブレットが便利/

dマガジンの内容

お次はdマガジンの内容について大まかにご紹介します。

  • 月額400円(税抜)
  • 31日間無料お試しできる
  • dポイントがたまる(利用はできない)
  • ムック本は別のページで一覧になっているので見つけやすい
  • 記事から読みたいものを選べる
  • アプリが神
  • ダウンロードしておけば外出先でデータ量を気にせず読める

dマガジンのデメリットはこちらです。

  • 年払いプランはない
  • 月の途中に加入した場合、月の途中から月末までの料金がひと月分かかってしまう

dマガジンは日割りができないので、有料になる日(初回登録から32日目)が月の途中でもその月は400円がかかってしまいます。
お得に利用しようとすると、月初めに登録して無料期間が終わるのも月初めになるように計算しないといけないのが少し不便です。

カジテレママのアイコン画像カジテレママ

支払い以外の使い勝手はめちゃくちゃいいんだけどね

使い勝手にこだわる方、ドコモのスマホを使っていたり、dカードやd払いを使ってdポイントを貯めている方にはdマガジンを強くお勧めします。

そのほかのdマガジンの細かい特徴についてはこちらの記事に書いてます。

dマガジンのTOP画面の表示順

次に先ほどの楽天マガジンと同じように、今度はdマガジンのTOPページ「雑誌から選ぶ」の表示順を見てみましょう。

雑誌一覧 新着順
人気雑誌 TOP5
女性ファッション
女性ライフスタイル
料理・暮らし・健康
お出かけ・グルメ
エンタメ・趣味
期間限定ページ
from docomo
スポーツ・車
ビジネス・IT・国際
男性ファッション
男性ライフスタイル
総合週刊誌

このように一応、順番を書きましたが、dマガジンと楽天マガジンの違うところは、上にも下にもスクロールできるところ。

楽天マガジンは一方通行ですが、dマガジンは双方向に動かすことができます。

つまり、「雑誌一覧 新着順」を上にスクロールすれば「総合週刊誌」を見ることができるので、男性誌が見たければ上にスクロールすればいいし、女性誌が見たければ下にスクロールすれば早く読みたい雑誌を見つけられます。

特に、新着雑誌とファッション誌、ライフスタイル誌、総合週刊誌がすぐ見られるところに配置されているので、個人的には読みたい雑誌にすぐアクセスできてとても見やすいです。

もちろん、楽天マガジンと同じく、お気に入り雑誌も指定できますよ。

dマガジンと楽天マガジンの比較

両方の雑誌読み放題サービスの内容が大まかに分かったところで、次にdマガジンと楽天マガジンの比較をしていきます。

利用料金で比べたら楽天マガジン

dマガジンも楽天マガジンも利用料金はお値打ちです。

さらに少しでもお値打ちに利用したい方は楽天マガジンがおすすめ。

dマガジンを1年利用すると、400円×12ヶ月=4,800円。

楽天マガジンを1年利用すると、380円×12ヶ月=4,560円。

これだけでも楽天マガジンの方がお値打ちですが、さらに年払いなら3,600円ですみますので、最大1,200円楽天マガジンの方がお得です。

取扱い雑誌はあまり差がない

取扱い雑誌の総数としては楽天マガジン。

しかし、dマガジンでしか読めない雑誌、楽天マガジンしかない雑誌ももちろんあるんですが、どちらもどんどん取扱い雑誌が増えているので、どちらを選んでも十分楽しめます。

例えば、楽天マガジンでしか読めなかった「天然生活」が2020年8月からdマガジンでも読めるようになりましたし。

このように、今は取り扱っていなくても何か月後は読めるようになっていることが多いので、ご自身が絶対読みたい雑誌が取り扱われていれば他の品ぞろえはあまり気にしなくても構いませんよ。

カジテレちゃんのアイコン画像カジテレちゃん

外国雑誌は楽天マガジンしか取り扱ってないから、海外のファッション誌が好きな人は楽天マガジンがおすすめ

dマガジンのクリッピング機能がすごすぎる

読み放題だけあって、いろんな雑誌をざっと見ていると読みたい雑誌や記事がめちゃくちゃ増えてしまうときがあるんです。

それに、好きなタレントさんのインタビュー記事とか、生活に役立ちそうな記事は保存しておきたいと思いますし。

そんなときに超便利なのがdマガジンの「クリッピング」機能です。

後で読みたいなと思う記事や保存したい記事をこの機能を使ってクリップしておくと、いつでも読み返すことができます。

楽天マガジンにも「しおり」機能があって、後で読み直すことができるんですが、雑誌の配信期限が過ぎてしまうと一緒にその記事も消えてしまうんです。

それに比べてdマガジンのクリッピングは配信期限が過ぎても読むことができます

カジテレママのアイコン画像カジテレママ

ゆっくり時間があるときに読みたい記事を読めるのがうれしいね

目次ボタンの位置もdマガジンの方が好み

これは本当に個人の趣味ですが、dマガジンの方が目次を表示させたいときにタップするボタンが下についているものとても好きな点です。

dマガジンは機能が下にまとまっているよ

一方、楽天マガジンは目次が右上にあるので、少し使いにくいです。

1番のおすすめポイントはdマガジンの読み始めの速さ

私がせっかちなのかもしれませんが、dマガジンの方が楽天マガジンよりワンステップ早く雑誌が読めるのが一番うれしいところなんです。

どういうことかと言うと、楽天マガジンの場合は、

  1. 楽天マガジンを開く
  2. 読みたい雑誌を選ぶ
  3. 読むをタップ
  4. 表紙が表示される

4ステップ

トップ画面で読みたい雑誌をタップして、

さらに、読むをタップして少し待たないと表紙が表示されません。

しかし、dマガジンなら、

  1. dマガジンを開く
  2. 読みたい雑誌を選ぶ
  3. 表紙が表示される

3ステップで読めるんです。

この画面で読みたい雑誌をタップしたら、すぐ表紙が表示されるんです。

1行程多いくらい全く気にならない方もいると思いますが、私は「すぐに読みたい」と思ってしまうので、タップしたらすぐ読めるのが一番うれしいんです。

dマガジンは他の使い勝手もいいんですが、「選んだらすぐ読める」それが私がdマガジンをおすすめする一番の理由です。

カジテレちゃんのアイコン画像カジテレちゃん

この使い勝手は是非体験してほしい

→→ dマガジンを無料体験する

雑誌も見たいけど動画も見たい人にはU-NEXTとFODプレミアムがおすすめ

雑誌も読みたいけど、テレビドラマや映画も見たい方には動画配信サービス(VOD)のU-NEXTとFODプレミアムがおすすめです。

U-NEXTは17万本もの動画を配信しているVOD。

月額は1,990円と一見お高い感じがしますが、1,200円分のポイントがもらえたり、ファミリーアカウント制といって1つのアカウントで家族4人が使えたりとサービス内容が充実しています。

ポイントではレンタル作品が読めるほか、NHKオンデマンド料金が支払えるほか、電子書籍の購入もできるんですよ。

そんなU-NEXTは雑誌も約70種類を読み放題として配信しています。

\1ヶ月無料お試しできる/

FODプレミアムは、月額888円の動画配信サービス。

フジテレビ系のドラマを中心に40,000作品が見放題になるVODです。

作品数はU-NEXTにはかないませんが、雑誌の読み放題という点においては100誌以上読むことができるんです。

毎月8がつく数字の日にブラウザでFODプレミアムにアクセスすればポイントももらえますよ。

\フジテレビ系のドラマを見たいならFOD/

読みやすさならdマガジン・コスパなら楽天マガジン

今回は、雑誌読み放題サービスのdマガジンと楽天マガジンを比較しました。

超簡単にまとめるとこうなります。

  • コスパなら楽天マガジン
  • 使い勝手ならdマガジン

でも、dマガジンも月額400円(税抜)なのでコスパが悪いわけではないですし、楽天マガジンが読みにくいというわけでもありません。

ですが、総合的な点から見ると個人的にはdマガジンがおすすめです。

せっかくどちらにも無料お試し期間があるので、両方試してみてご自身が好きな使い勝手のものを選んで見てくださいね。

カジテレちゃんのアイコン画像カジテレちゃん

どちらもお試し期間中に解約すれば料金はかからないよ

→→dマガジンの31日間無料体験はこちら

→→楽天マガジンの31日間無料おためしはこちら



以上、「書店員が楽天マガジンとdマガジンを比べました~書店に行けないパパ・ママにおすすめの雑誌読み放題サービス~」でした。

他にも本に関する記事、書いてます。

雑誌の付録が不良品だった時は交換できます。

→→ 交換してもらえる?雑誌の付録が不良品だったら…

ネットで本を買うならAmazonや楽天ブックスもいいけれどe-honがおすすめ

→→ 書店員が教えるe-honの利用方法~地元の本屋も応援できるネット書店~

Amazonの電子書籍読み放題Amazon Kindle Unlimitedについて

→→ 書店員もおすすめするKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)はお子さんとの読書にもおすすめ

自分へのご褒美にmy BOTANIST

ネットで髪の状態や理想の髪質をカウンセリングして、それに合ったシャンプーを提案してくれるmy BOTANIST

セミオーダーメイドが特別感あっていいですよね。 

楽天ルームではおすすめの商品をご紹介しています。

 

楽天ルーム

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

カジテレママおすすめグッズ

★三浦大知愛用インソール ★おススメハンドクリーム
created by Rinker
イソップ(Aesop)
¥2,200 (2020/09/18 17:42:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ベキュア ハニー(VECUA Honey)
¥880 (2020/09/18 17:42:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ノーブレッド キャンドル(nobLED candle)
¥1,650 (2020/09/18 17:49:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
リーフ&ボタニクス
¥1,045 (2020/09/18 17:49:00時点 Amazon調べ-詳細)
★愛用している家電・家事グッズ
created by Rinker
¥2,110 (2020/09/19 01:32:51時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
サンクラフト
¥332 (2020/09/18 19:33:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソーダストリーム
¥9,900 (2020/09/18 19:35:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タイガー
¥8,980 (2020/09/18 19:33:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BALMUDA(バルミューダ)
¥17,676 (2020/09/18 19:33:28時点 Amazon調べ-詳細)
目次
閉じる